アルツハイマー対策を行なって快適な老後~サクサクボケ防止~

お年寄り

健康維持に役立てる為に

サプリメント

EPAの良さは血流改善ですがこれだけでは不足する面が存在し、それ故にその他の成分も取り入れるべきですがやはりサプリメントの利用が最適となります。これらの側面は食事の好き嫌いや苦労を軽減する点が人気の理由ともなっており、更には種類が増えた事によって使い易さと効果の高さで必要性が高まってもいるのです。

Read More...

健康のためにできること

海藻

フコイダンは昆布などの海藻に含まれる成分で、健康効果のあるサプリメントなどに使用されています。フコイダンには免疫細胞の活性化による免疫力の向上や肝機能を向上させる効果があります。また、美容にも良いとされており、老化防止に役立ったり、保湿効果を高めてくれます。

Read More...

年齢的な生理不順の解消

悩み

女性の更年期障害は生理不順などを伴い、腹痛や不正出血など、様々な不快な症状を発症します。また、中高年の男性の場合も更年期障害はあり、精神的な負担が大きくなるのが特徴です。これら更年期の症状はサプリで改善する事ができ、大豆由来の成分は人気の高いものとなっています。

Read More...

ボケないために

笑み

運動と睡眠

高齢になるとアルツハイマー病になるリスクが高くなります。アルツハイマー病は不可逆的に進行する病気のため、一度なると快復はまず不可能です。そのため予防が非常に大切になってきます。まず必要なのは頭を使うことです。考えない生活を続けると脳が衰えてしまいます。これを防ぐために、普段から思考を必要とすることを積極的に行いましょう。パズルやテレビゲームが手軽で良いのではないでしょうか。有酸素運動も効果アリです。ジョギングなどの有酸素運動は脳の活性化を促進します。身体を動かすことは他の病気の予防にもなります。無理のない範囲で行っていただきたいです。もう一つ、睡眠も意識しましょう。眠っているあいだに身体はアルツハイマー病の原因物質を排出しています。30分以内の短時間の昼寝と組み合わせるとより効果が高まります。

認知症患者が増える可能性

アルツハイマー病になると記憶・思考能力が徐々に低下し、ついには認知症になってしまいます。60歳以上で発病するケースがほとんどです。これを踏まえると、今後高齢化がますます進行していく日本においては、患者数が増加していくものと思われます。患者増にともなって現役世代の負担も増していきます。少子化傾向にあることを加味すると、一人ひとりが抱える負担はとても大きなものになるのではないでしょうか。一方、治療法の進歩の可能性も十分にあります。現状ではアルツハイマー病の治療に、ドネペジルをはじめ4種類の薬が使われています。これらはいずれも進行を遅らせる薬です。根本治療のできる薬が存在しないため、予防と早期発見が大切なのは明白です。従って定期検診などによるアルツハイマー予防がより一層積極的に行われるようになることでしょう。